« 思いのほか早かったですねw | トップページ | サンドロック製作日記 二回目 »

2011年11月 6日 (日)

サンドロック製作日記 一回目

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

新ブログになってからの製作日記第二弾sign01

 

 

今回作るのはこちらsign03

 

Photo

 

ガンダムサンドロック EW(エンドレスワルツ)

 

『新機動戦記ガンダムW』(以下『W』)に登場する主役五機のガンダムの一体で、作品中あたしが一番好きなガンダムですhappy01

・・・あまり一般的には人気の無い部類なんですが・・・。。

(デザイン的な好き嫌いというのはあると思いますが、他のガンダムが単独で敵を壊滅させることが多いのに対して、このサンドロックは、部下機と一緒に戦うシーンが多い、そういう指揮官的な位置付けの機体だったからというのもあるかも・・・?)

 

さて。

このプラモはちょっと複雑な経緯を辿って出来たものなので、製作前にその辺も少し。。

 

作中で主人公たちの乗る機体は途中で改修されます。サンドロックもサンドロック改へと。

そして、テレビ放送がおわり、テレビ版終了後の話を描いたOVA『新機動戦記ガンダムW EW』が作られます。

OVAでは主人公機たちのデザインが一新されました。ただし、デザインが変わっただけで、設定上はテレビ版作中で改修された機体と同じ機体という設定で。

この『EW』版の機体はとてもかっこよく人気でした。

その『EW』版の機体の、改修前の姿(『EW』版はすでに改修後の姿なので)として、映像作品には登場しないものの、設定上は存在するはずの機体として登場したのが、このサンドロック(またはすでに発売されている同シリーズの機体)なのです。

 

そんな若干面倒な経緯を経た機体・・・

さっそく作りましょうw

 

まずは胴体から。

 

Photo_2

 

今回作るのはMGモデル。内部フレームも細かく出来ています。

パイロットのカトルくんもちゃんと乗っていますよ。(細かいところですが、技量のある方はぜひ塗装をw)

 

 

Photo_3

 

写真だと真っ暗ですが、コクピットハッチが開いて、中にカトルくんが座っているという・・・。

もうちょっと上手く撮れって話ですねsweat01

 

どこのパーツもそうなんですが、さすがMG。色分けはほぼ完璧です。ここまでくると塗装は部分塗装というよりも全身塗装になりそうです。

 

 

Photo_4

 

続いて、頭部を製作。

いつもだと、パーツを全て組み上げてからつや消し、という工程なんですが・・・キラキラした目のシールにつや消しがのるのはどうなのかなと思ったので(組み立ててからだと目の上のひさしが邪魔になってシールを貼れない)、組み上げる前につや消しを行ってみることに・・・・。

 

 

 

ちょっと失敗したかもしれませんcoldsweats01

つや消しがのった分、かみ合わせが渋くなってしまいました。

次回からは気をつけよう。。

 

 

Photo_5

 

気を取り直して、次は腕です。

この装飾的な肩がカッコいいw

 

 

Photo_6

 

そして、肩には謎の機構が・・・。

肩上部がスライドして、何かを差し込めるようになっています。

このプラモ自体には必要ない機構なんですが・・・ひょっとしたら、EW版であったマントを装着するための機構なのかもしれません。

そのマントが別売りになるとも思えないので・・・・EW版サンドロックカスタムのMG化・・・?

 

 

今回はここまで。

次回は下半身を作っていきますよhappy01

 

|

« 思いのほか早かったですねw | トップページ | サンドロック製作日記 二回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579081/53181087

この記事へのトラックバック一覧です: サンドロック製作日記 一回目:

« 思いのほか早かったですねw | トップページ | サンドロック製作日記 二回目 »