« Ep2新要素おさらい。 | トップページ | イベント情報まとめ »

2013年6月30日 (日)

ニャン子、海へ往く。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

 

Ffxiv_20130630_1

今週末も行われてましたFFXIV βテスト。

ララフェルで森の中を駆け回ったりも当然していますが、今回は……

 

 

Ffxiv_20130630_2

ミコッテ(サンシーカー)で、リムサ・ロミンサでの旅を始めてみましたよhappy01

ララフェルでレベルをあげて、移動するという手もあったんですが、まぁ、まだ先の話になりそうだったのでw

あ、三国間の移動が出来るようになるのが、すごく先とかそういう話ではありません。さくさくと進めていけば、わりとすんなり飛空艇での移動ができるようになるようです。

ただ、あたしはのんびりやっているので、まだ先、という話w

 

Ffxiv_20130630_4

白い建材で出来た建物と、抜けるような青い空。

 

Ffxiv_20130630_3

そして、大海原sign01

グリダニアよりも広大な世界を「視覚的」にすぐ体感出来るリムサ・ロミンサ。

グリダニア周辺は森の中で木々に囲まれているので、視覚的に「広い!」と体感できる箇所は少ないですからねw

 

…ということで、今回はクエストを適度にほっぽって……

 

Ffxiv_20130630_5_2

さっさと街を出て、探検してましょうsign01

 

Ffxiv_20130630_6

これは一体…?

なんだか右側に写っているオレンジ色の火の玉みたいなものが海に飛び込んだ瞬間、凍りついたみたいな感じですね?

 

Ffxiv_20130630_7

こちらにも似たようなものが。

こっちは岩盤に火の玉が飛び込んで、舞い上がった煙ごと固まった、みたいな。。

このあたりが一体なんなのか、なぜ出来たのかも、メインクエストなりを進めていけば判明するのか…ね?

 

ウロウロ…ウロウロ…

 

Ffxiv_20130630_8

リムサ・ロミンサ一帯はラノシアという名前のようで、東ラノシアのほうへ抜けると海岸に到着。

※7月3日追記。

記事公開時に、「リムサ・ロミンサ一帯はザナラーンという地名のようで~」と書いてしまいましたが、正しくはラノシア地方でした。

ザナラーンは、別の開始都市であるウルダハの周辺地域の名前です。単純な勘違いと確認不足…失礼しました。)

海へ下りることが出来る箇所はあまり多くないのかな?

周辺の敵が、襲われた瞬間瞬殺されるレベルなので内心戦々恐々。。

 

Ffxiv_20130630_9

…海岸の先には天国が。

 

FFXIVのマップは踏破した箇所が記載されていくシステムなので(地名は最初から書いてます。)、色々な場所を脚で(またはチョコボで)巡るのが、とても楽しいですねnote

 

ハ…ッΣ(゚д゚;)

今回もこんなで終わってしまった……。。

 

 

Ffxiv_20130630_10

実はウルダハにも冒険者が生まれていたり。。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

|

« Ep2新要素おさらい。 | トップページ | イベント情報まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579081/57697918

この記事へのトラックバック一覧です: ニャン子、海へ往く。:

« Ep2新要素おさらい。 | トップページ | イベント情報まとめ »