« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月29日 (木)

【FFXIV】 ゼニスからアートマへ。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

先日からようやく重い腰を上げて奔走していたアートマ集め。

15日の時点で蟹アートマしか持っていなかった(蟹を2個。。)わけですが、同じようにアートマ集めをしているユウさんやあいるさん、サブクラスのレベル上げをするニナさんとPTを組んだりして、ちょっとずつやっておりました。

そして……
 

Ffxiv_20140529_1_3

で、出たたたた。。(しかし、この取得表示はたまに見落としますcoldsweats01

最初に探し始めたわりに、最後まで出なかった「金牛のアートマ」。
 

Ffxiv_20140529_2

本腰を入れだして、2週間ですべてのアートマが手に入りましたhappy01

1時間ちょっとで3つ手に入ったこともあれば、まったく出ない時もありましたが、無事終わってよかったよかった。

こういうちまちま集めていく作業的なものは嫌いではありません。

アートマも綺麗なので、昔からこういう光物が大好きなあたしは並べて眺めているとちょっと嬉しい気分にw


アートマ集めにはいろいろなオカルトが存在していますが、あたしはエオルゼア時間と属性との関係に則って、特定の時間に特定のアートマを探すというオカルトで探していました。

(エオルゼアの月日時間には各々属性が決まっており、各アートマも対応する星座に沿った属性があります。これらの一致する時間に、一致するアートマを探すことで、ドロップ率が上がる!かもしれない、というオカルトです。)

あくまで、オカルトなので、当たるも八卦当たらぬも八卦という話ですが、ひとつの指針にはなるので、「アートマ出ないよ!?」という方はそういうものを試してみるのも良いかもしれませんねw

 

さてはて。

アートマが揃ったら、いよいよゼニスの強化です。

ジャルザーンさんのところにアートマを持っていくと、どのゼニスを強化するのか聞かれるので、あたしはマダレムジエン・ゼニスを選択。
 

Ffxiv_20140529_3

こちらがおなじみ、マダレムジエン・ゼニス。

白い装丁に銀の装飾、白い羽ペンという軍学書。
 

Ffxiv_20140529_4

そして、こちらが強化を施した、マダレムジエン・アートマnote

青い装丁に金の装飾、そして、赤い羽根ペンという、ゼニスとはまったく違う色合いになっています。

学者の神話装備との親和性が高そうなデザインですねw

ILは90から100に上がっていますが、性能は同じです。

 

Ffxiv_20140529_5

さぁ、今度は文書の収集を始めていきますよhappy01

…といいつつ、この黄道十二文書の内容は全ジョブ共通のようなので、誰かがアートマを完成させたら、一緒にやろうw

一人でやってると気分的にも大変ですしねcoldsweats01

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

【FFXIV】 これで準一級?

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

ゲーム中に聞き慣れないSEが鳴ったら、だいたいモグレターの着信音です。

あれは何時までたっても「何の音だ??」ってなるんですよね。。
 

Ffxiv_20140522_1

…で、そんなモグレターで、香奈さんからこんなものが送られてきました。

これをいったいどうしろというのか…?coldsweats01

 

さて。

細々とレベルを上げつつ、色々な物を拾ってきてもらっているリテイナーベンチャーですが、ようやっとLv50になりましたhappy01

Lv50になると、一気にG11~G13というグレードが解放されるわけですが、これを依頼するための能力値がなかなか高い!

最高位のG13では、

戦闘クラス : IL70以上(全身DL装備など)

園芸・採掘 : 獲得力383以上(全身AF、かつマテリア禁断)

という感じになっています。

(漁師は副道具がないので、もうちょっと敷居が低いようですね。)
 

採掘師のゴールドグレイスさんは、AFマテリア込みでおいおいやっていくとして(彼女はおもに畑用の土を取ってきてもらう係なので、そこまでステータスがなくてもw)、問題は巴術士のシャッテさんのほうです。。

あたしはメインクラスが学者なので、持っている装備は幻術士用のものがほとんどで、巴術用の装備が手元になく……

う~ん……

と悩んだ結果。。

 

Ffxiv_20140522_2

ヴァンヤ装備を一式作りましたw

お金はそれなりにかかりましたが(主に灰汁代。)、いづれ自作してみたい装備だったので、いい機会だと。

今は第二世代の新式(という言い方が適当かどうかはともかく。)があるので、変わってきていますが…

このヴァンヤ装備を素材からHQ自作できるかどうかが、クラフターの能力が一級であるかどうかの証だと、あたしは思っているので、これを作ること自体に大きな意義がありますhappy01

今、一級の証というと、件の第二世代新式でしょうから、これで準一級、といったところでしょうかw
 

この見た目のままでもよかったんですが…

せっかくミコッテさんなので、エレゼンのあたしでは出来ない着あわせをしてみようと思い、ミラプリミラプリ。
 

Ffxiv_20140522_3

エレゼンのあたしでは絶対にやらない格好です。

脚が長すぎて、不恰好極まりないので。

リテイナーの装備画面では染色やそのプレビューが出来ないので、着あわせを考えるのに難儀しますね。。改善されないかな?

ミコッテの初期装備も試したんですが、シャッテさんのイメージカラーにあわなかったので止めました。

また違う装備で考えようw
 

自作してみて、ヴァンヤの手袋や靴がなかなかいいデザインで、自分のミラプリ用にも欲しくなってきました……。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

【FFXIV】 サハギンの親子。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20140518_1

なんというヒロイックな写真構図。

先日サハギン族の蛮族クエストが終わりました。

お話を済ませてみると、「あれ、これでサハギン族の大勢とは友好的にいけるんじゃない?」と思ってしまうんですが、まぁ、一枚岩ではないんでしょうね、きっと。

頭目がすげ変わって、とかね。

蛮族のいろいろな面が見られるので楽しい蛮族クエスト、次はコボルト族をやっていかないとw(「友好」までは進行済み。)
 

サハギン族のクエストも、クリアすることで蛮族よろず屋のラインナップが増えます。例によって、買いましたhappy01
 

Ffxiv_20140518_2

あまり乗っている人を見かけない、キャバルリー・エルブスト

たぶん不人気なんだと思います…coldsweats01

しかし、この子はザナラーンとかで乗り回しても大丈夫なんだろうか…。。

とても乾燥に耐えられるとは思えないんですが。。
 

Ffxiv_20140518_3

もう一つ、サハギンミニオン

ノォヴさんは他のサハギン族と違って、肌(鱗?)の色が白いですが、こちらのミニオンも白仕様。

銛をぶんぶん振り回して、勇ましいw
 

この他にも、ハウジングの庭具も売っています。

蛮族庭具は買ったことがないですが、買ってみようかな?

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

【FFXIV】 ポケットを叩いたら、アートマが2つ。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20140515_1

ふとバッグの中を見たら、巨蟹のアートマが2つ入っていた不思議。。

1つは、以前蛮族デイリーのFATEをやっていたら、ぽろっと出て、手元にあったんですが、昨日蛮族デイリーを終わらせて、バッグを覗いたら、2つに増えていました。

叩いたら増えちゃったのかしらね…。

…と、まぁ、冗談はさておき、どうやら、以前と同じ蛮族デイリーがらみのFATEで出ていたようで。。

1つ目が期せずして出たので、ちょいちょいFATEもやっているんですが、それ以降まったくお目にかからず、1つから増えもしないわけですが…

2つ目が出る前に、1つ目が2個出られても…ねぇ?coldsweats01

あたしは蟹に好かれているのか。。

 

話変わって。
 

Ffxiv_20140515_2

久しぶりにニナさんにくっついて、メインクエストをまわっています。

あたしはナイトの練習兼レベル上げということで。

まぁ、まだまだひよっこですけれども。

エレゼンのナイトはかっこいいと思うので、それを糧にメインクエストクリアくらいまでは頑張ります…w

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

【FFXIV】 掌からの脱出。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20140514_1

今年の1月末から攻略を始めていた大迷宮バハムート

何度も死んだり死なせたりしつつ、少しずつ奥へと進み…

超える力が来て、だいぶ楽になったとはいえ、壁の厚かった第五層にFC・LSメンバーと挑戦していたわけですが……

 

今日ようやく突破することが出来ましたsign01

 

…前振りを放り投げる勢いですが、CFパーティでsign01coldsweats01

 

ログインしたら、リシェさんとミコトさんが「CFで練習しているから、ちょっとあんたも来なさいよ!(脚色)」ということで。

「ツイスターの練習したいなぁ…」とか思いながら行ってみたら、この有様(?)です。

LSで行った時はツイスターと暴力的高い高いでやられていたので、そこがどうなるものかと思っていたんですが…

PTメンバーの方がツイスターが来るたびに音を鳴らし続けてくれたおかげで、ツイスターをフォーカスターゲットの「目視」でなく、「音」で回避できたことが大きかったです。

食らうのはいつもメンバーのHPや自分の操作などを見ることによる、「予兆の見逃し」が原因だったので、目での情報処理を減らせたのは非常に助かりましたconfident

そこさえ越えてしまえば、あとはもう頑張って回復する!しかないわけで…。

久しぶりに素晴らしい達成感を味わいました。

 

…残念なのは、初回のクリアがFC・LSメンバーPTではなかったこと…かな。

クリアした身で何を、という気もしますが、FC・LSメンバーPTで攻略を始めていたので、最後までそうであっって欲しかったというのも本音です。だから、ちょっと抜け駆けをしたみたいで申し訳ない、そんな気もします。ごめんなさい。

 

まぁ、それでもクリア自体はうれしい事ですsmile

報酬は召喚用の魔道書と、ヒーラー脚防具でした……

 

ミコトさんとあたしが貰って帰りましたw
 

Ffxiv_20140514_2

装飾がきれいですw

どういうつくりになっているのかと思っていたんですが、前垂れが付いている感じなんですね、これ。

ちょっと面白い見た目なので、これを使ったミラプリも楽しそうnote

 

話変わって。
 

Ffxiv_20140514_3

ついにナイトのジョブクエが始まりました。。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

【FFXIV】 カララント入手先一覧

パッチ2.2時点で実装されているカララントの入手先、価格まとめ。

 

続きを読む "【FFXIV】 カララント入手先一覧"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

【FFXIV】 パッチ2.2追加カララント(蛮族編その2)

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

今日はパッチ2.2で追加になった蛮族カララントの見本続き。

蛮族との関係が「友好」になると、よろず屋で購入できるようになります。

 

* コボルト族追加カララント
 

Ffxiv_20140507_7

「コルクブラウン」

黄土色。

 

Ffxiv_20140507_6

「ゴブリンブラウン」

白っぽい茶色。ゴブリンってこんな色なのかしら?

 

Ffxiv_20140507_5

「アップルグリーン」

日本ではりんごというと赤ですが、海外では緑と認識しているところも多いそうで。

 

Ffxiv_20140507_4

「アダマンタスグリーン」

濃い目の緑色。深緑とはまた違う色合い。

 

* サハギン族追加カララント
 

Ffxiv_20140507_8

「コーラルピンク」

濃いピンク色。色としては名前のとおり「珊瑚色」です。

今回の追加カララント8種の中では一番のお気に入りw

 

Ffxiv_20140507_3

「ロータノブルー」

藍色に近い、緑混じりの青色。

 

Ffxiv_20140507_2

「シャドウブルー」

黒に近い青色。スートブラックとは違った黒として重宝しそう。

 

Ffxiv_20140507_1

「アイリスパープル」

薄い紫色。薄い色ですが、けっこうストレートに紫色が伝わります。

 

さて、これでパッチ2.2で追加になったカララントの紹介はおしまいです。

色々なカララントが増えてきましたが、逆にあまり数が増えない色種もあり…(赤系とか。)その辺もぼちぼち増えていかないかなぁと思うところではありますw

次回のパッチで追加されるであろう、イクサル族のカララントも楽しみですねhappy01

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

【FFXIV】 王様的マウント。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

最近ちらほらと蛮族クエストを進めて買えるようになるマウントを見かけるようになりましたね。

見かけるのはコボルトのほうばかりですけどcoldsweats01

あたしは「友好」くらいまでは並行して進めようと思っていたので、まだ少し先ですが、新しいマウントは楽しみですw
 

Ffxiv_20140505_1

…と、その前に。

課金をしたら、ベヒーモスマウントが貰えました。

すばらしくデカい。
 

Ffxiv_20140505_2

鞍…というか椅子が備え付けられていて、座り心地は良さそうですw

乗り心地のほうは、すっごい揺れそうですけど。

これも種族によって腰掛け方が違うみたいですね。

なんだか巨大な生物に椅子付の鞍って、ちょっと王様チックw

 

今回の270日リワードでは、もう一つアイテムが貰えます。
 

Ffxiv_20140505_3

カヌ・エさまーっ!

ミニオン・マメットリーダーです。

所属のGCによって呼び出すミニオンが変わり、双蛇党員のあたしはカヌ・エさまの魔法人形が呼び出せます。

双蛇党員はいつでもカヌ・エさまをお慕いしております…。

え、肖像画も飾れ……?

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

【FFXIV】 改装完了。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

ブログの左側に載せていた「FC紹介用アルバム」の新しいものを作りました。

本当はこのアルバム用に撮りたかったSSがあったりもするんですが、なかなか全員集まれず……

撮れるまで公開しないでいると何時になるか分からないので、止めましたcoldsweats01

FC【Knights of Night】紹介アルバム

あ、因みにメンバー紹介文は主観ですw

 

Ffxiv_20140503_1

パッチ2.2がきて、ハウジングの地下階が追加されたわけですが…

うちはどんな感じにしようかずっと悩んでいました。

とは言え、ひらけた寝室のままにしておくのも勿体無いので、コンセプトを決めて、がんがん改装してしまいましたw

パッチ2.3では個人部屋が追加できるようになるということもあり、その前段階的な感じとして、メンバーそれぞれのスペースを確保。

うちは今のところアクティブなメンバーが8人いるので、どうにかして8人分のスペースと、せめてテーブルとソファが置けるくらいのスペースを確保。

Ffxiv_20140503_2

あたしのスペースはこんな感じ。

ずっと置きたかった双蛇党の軍用ベッドに、花台に植木鉢や花瓶を乗せて。

うちのなかにちょこちょこ植物が置かれているのは、完全にあたしの好みですw もっと置きたいくらいsmile

他のメンバーもそれぞれ好きなものを置いているので、覗きに行くと楽しいのもいいですよhappy01

個人部屋も楽しみですw

でも、「宿屋と同じくらいの広さ」って…

宿屋の部屋って、けっこう広いんですけど……贅沢!w

実際にそんなに広いのか、ハウジングのサイズで設置できる個室の数に制限はあるのか、拡張にはお金がいるのか、等々…気になることも多いですねw

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »