« 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 前編 | トップページ | 【FFXIV】 黎明の民と薄暮の民。 »

2015年4月15日 (水)

【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 後編

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

前回から引き続き、今回は後編ですhappy01

またしても長いので、【続きを読む】からどうぞ。

 

 

画像はクリックで拡大表示されます。

 

Photo 
様々なコンテンツの拡充がありますよ。

この写真はどこかのダンジョンかしら?

暗がりで見えづらいですが、両サイドにあるのは大きな本棚? どこかの図書館か何かなんでしょうかね?
 

Photo_2 
このあたりは増えるべきものが増えるべくして。

こういう新しいモンスターとかが追加になると、ますます“モンスター図鑑”的なものが欲しくなりますねぇ。
 

Photo_3
発売時点で追加になるインスタンスダンジョンは8つ。

本からこんにちは、してることからもやっぱり図書館とかそういった場所…?

この二枚の写真はどちらも同じダンジョンでしょうから、他の7つはどんなところでしょう。屋内や屋外、いろいろなパターンがあるのを期待しますsmile
 

Photo_4 
続いて、機工城アレキサンダー。

すでにノーマルとハードが実装されることが発表されていますが、ノーマルのほうなら実装当初から気軽にいけるかなぁ…?
 

Photo_5 
「これ、この前チェックしてたんすけど……危ないっす危ないっす」ということで…

「落ちるんじゃないかな!?」

落ちる時点で優しくはありませんかねcoldsweats01
 

Photo_6 
あたしには今のところあまり関係がないんですが、フロントラインにも新しいマップやルールが追加されます。

新しいPvP専用装備も追加になるそうで、そちらも公式ブログのほうで公開されていますよ。ベヒーモスイメージ装備や、グリフィン装備などなど。

スファライのドラゴン版ということは…ドラゴンガンダム?w
 

Photo_7 
そして、いまいち情報が出てこないフリーカンパニーとハウジング関係。
 

Photo_8 
ハウスクラフトは家のパーツを自分たちで作っていく遊び、エアシップクラフトは文字通り飛空艇を作り、探索をしてもらう遊び。

それを行うための工房は地下に作られ、増築は「そんなにお高くはない(吉Pの“そんなに”が“どんなに”かは個々それぞれのご判断で…w)」そうです。
 

エアシップクラフトはFC専用としておいても、ハウスクラフトのほうは個人宅ではどうなるんでしょうね?

FC宅でも個人宅でも持ち家であることに変わりがないですし、個人宅で出来ない、というのはお話にならないと思いますが…。

その辺りはまったく分かりませんね。
 

エアシップクラフトは、「船首」「船尾」「船体」「帆」を組み合わせて、自分たち好みの飛空艇を作り上げることが出来ます。

「高出力だけど、燃費が悪いものをつくって、出来るだけ速く帰ってきてもらおう、など、かなりパラメーターは細かい」

「探索に派遣すればするほど、ランクを上がる」

「飛空艇は複数所持可能」

ということなので、みんなで話し合ってどんなものを作るか考えましょうhappy01
 

Photo_9 
…で、その飛空艇を使っての遊びが、この「空島探索コンテンツ」

「空地図を使って、探索のお願いをし、色々なアイテムを持って帰ってきてもらったり、新しい発見をしてくる」というのが、エクスパンションリリース時の遊び。

その後、最初の大きなアップデートで、プレイヤーたちが自分自身で探索先に冒険に出る、ということができるようになるんだとか。
 

ハウジングの調度品追加はいつもどおり。

……そろそろパーティションの壁紙対応してくれないですかね…?

ハウジングが実装されたときから、ずっと要望が出続けているんですが…coldsweats01

あ、あと、個人的なことを言えば、一人用のバスタブが欲しいですw
 

Photo_10 
また、リテイナーの装備を整えることを考えないと…。

マーケットにイシュガルドが追加になるそうですし、このタイミングで4人目のリテイナーを雇おうかしら。

…もうすでに倉庫はパンパンです。。
 

難易度調整では、「タイタンで落ちなくなったりしないの?」というお話があるそうですが、「レベルキャップが上がって、みんな強くなるから…」というのが吉Pのご意見。

あくまで個人的な意見ですけれども…「強くなったって、ランドスライドのノックバック距離は短くならないじゃない。」とあたしは思ったりします。

強くなろうがなるまいが、結局食らったら落ちるし、落ちたらおしまい、というのが「調整してよ」という人たちにとっては問題なんじゃないかなと。

もちろんコンテンツの内容によって、何が問題になるかは違うので、一概にどうというわけではないですけれど。

「落ちないタイタンなんて面白くないでしょ!」という意見もありますしね。
 

Photo_11 
コンテンツファインダーにも色々と。

少人数で突入可能になるのは楽しそうw

特になにかのメリットがとかいうわけではないですが、遊びとして「出来るようになる」というのが楽しみですhappy01
 

Photo_12 
説明には図解が必要になるそうなので、詳しくはまた後日のPレターLIVEなどでお話しするそうです。

蛮神戦に関しては、現在の「どれかのジョブのアイテムが1個ドロップ」という形式から、トークンが全員に出るようになり、それを集めれば、武器と交換してくれるようになります。

これなら目標が見えてはいるので、頑張れるかもしれない…!

海外では、ドロップしたアイテムをオークション形式で分配するなんていうのもあるそうで、それはそれで面白そう…w

色々な遊び方で便利になればいいですね。
 

Photo_13 
DirectX11対応。

…DirectX11がなんなのかよく分からないあたしに誰か説明をお願いしますcoldsweats01
 

Photo_14 
そんな色々なコンテンツの解放スケジュール。

のんびり進んでいくあたしにはあまり関係がない気がしますが…w

アレキサンダーのノーマルは、今までの大迷宮バハムートと違って、クリタワ方式(その層をクリアしても、アイテムをロットしない限り、何度でも挑戦が出来る。)になっているそうです。これは嬉しいhappy01

 

今回紹介した以外にも、細かな調整や追加はたくさんあるそうで、その辺はまた3.0パッチノートを出さねば…ということのようです。

……すごい長さになりそうですね…そのパッチノート。。

 

というわけで、PレターLIVE、エクスパンション特集はここまで。

放送の後半は、ゲストにヴィジュアルワークス部 チーフクリエイティブディレクター(書いててもよく分かりませんが、きっとすごい人…!)の生守 一行さんを迎えてのお話。
 

Photo_15 
とても楽しいお話が色々聞けましたよ。

…照明が熱いやら眩しいやらで、大変そうですがcoldsweats01

今では昔に比べたら多少はましなんでしょうが、舞台などで使う照明機材は浴びていると非常に熱いので、皆さん汗が…w

舞台でそんな熱い照明を浴び、しかも舞台用のお化粧していると、下手に汗を拭くことも出来ないという苦行を思い出します…w
 

Photo_16 
途中からは祖堅さんも交えて。

因みに、今回の放送中は、エクスパンションで追加になるBGMが使われています。その辺も気をつけて見たり聞いたりしてみるのも一興ですねhappy01

次の大きなイベントは4月25日・26日のニコニコ超会議ですが、吉Pはその前に中南米ツアーだそうです。

何かまた新しいお話があったりするかしら?smile

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

|

« 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 前編 | トップページ | 【FFXIV】 黎明の民と薄暮の民。 »

コメント

今から楽しみっすな!

飛空艇とか頑張って建築?建造?しましょ!

投稿: おの | 2015年4月17日 (金) 17時33分

>おのさん
楽しみですねhappy01
凡庸クラフターの腕をいかんなく発揮!

投稿: さや | 2015年4月18日 (土) 12時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579081/61443017

この記事へのトラックバック一覧です: 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 後編:

« 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 前編 | トップページ | 【FFXIV】 黎明の民と薄暮の民。 »