« 【FFXIV】 本題は遅れてくる。 | トップページ | 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 後編 »

2015年4月13日 (月)

【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 前編

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

昨晩のプロデューサーレターLIVE、皆さんご覧になったでしょうかhappy01

今回もたくさんお話が聞けたましたが、いつもどおりにざっくりと。

きちんとしたまとめはゲーム情報サイトなどで出ていますので、詳細を知りたい方はそちらなりを見て頂くとして…

こちらは“ざっくりまとめ”と“いろんな感想”という、いつものスタイルで御座います。

しかし、最初は一つの記事にまとめようと思っていたのに、予想外に長くなって前・後編に分かれましたcoldsweats01

画像も文章も(特に文章が!)多くなっていますから、【続きを読む】からどうぞ。

 

文中の画像はクリックで拡大表示されます。

 

まずはテスト放送です。

テストといいつつ、いつもいろんなことをやっているテスト放送ですが、
 

Photo_3
今回は4月末のニコニコ超会議でお披露目される3.0のベンチマークをちら見せ。

以前音のついていない状態でベンチマークの一部が公開されたことがありましたが、あちらはフィールド編、こちらがバトル編といったところでしょうか。
 

Photo_4 
占星術士のアクションで、カードが大きく立ち上がるのが派手でいいですねhappy01

そういえば、以前のベンチマークではキャラクリをして、作ったキャラクターがナイトになって動いてくれましたが、今度のベンチマークではどのジョブになるんでしょう。

暗黒騎士では顔が見えないような気がしますが…w
 

このベンチの前に、オーケストラコンサートの映像もあったんですが、映像があるということは発売も…?

 

それでは、本編です。
 

Photo_5
皆さんが毎回目にしているゲーム開始画面も蒼天のイシュガルド仕様に。

よく考えたら、うちのブログのカテゴリーも「FFXIV:新生エオルゼア」から変更しないといけませんね…。
 

Photo 
まずはメインクエスト関係。

お話の長さは新生エオルゼア(2.0)での長さと同じくらい。カットシーンを飛ばさずに、レベリングをしつつ進めると、このくらいの時間かかるそうです。

そして、大きなストーリーは新生編同様にひとまずの大団円を迎え、その後も新生編同様にシナリオが更新されていきます。

実際の発売はまだ先ですが、『蒼天のイシュガルド』開始の時点では、新生編終了時から「(ゲーム内で)数日から数週間後」だとか。

まぁ、いつまでもオルシュファンさんに匿ってもらうわけにもね……あの人は喜びそうですがcoldsweats01
 

Photo_2 
続いて、お話はアウラについて。

アウラにも部族が存在していて、“アウラ・レン”は「ドマの人たちをかなり長く交わってきているので、命名規則は和風っぽい」、“アウラ・ゼラ”のほうは「ずっと遊牧を続けてきたので、独自の命名規則になっている」そうで、アウラは部族によって、だいぶ名前が変わってくるかもしれませんね。

今までの種族は、部族で命名に極端な違いというのがありませんでしたから、そんなところも楽しみです。

あたしはまだアウラにするかどうか決めていませんが(キャラクリをしてみないと分かりませんからねw)、もしするなら、命名規則にも拘りますsmile

いずれ、キャラクリベンチの公開とともに、フォーラムにて詳細な命名規則も載ると思いますから、そちらも参考に…。
 

Photo_5 
いろんなクエストも追加になります。

新ジョブのクエストももちろん、既存ジョブ・クラスのクエストも続編が。

お話好きとしては大変気になります。学者クエストで言えば、若干ジョブクエストの続きのようなワンダラーパレス(ハード)の話もありましたが、今度はどんなお話になるでしょう?
 

Photo_6 
見たことのないフィールドはいつだってワクワクしますねhappy01

「蒼天のイシュガルドで追加になるフィールドは、一つのゾーン(“中央森林”や“東ザナラーン”といった区域のことだとおもいます。)の広さが、既存のフィールドの1.5~2倍の広さ」、「都市イシュガルドと魔大陸を含めて9ゾーン追加」されます。

これに加えて、フライングマウントによって、上へも広がるわけですから、かなり広く感じそう。

あっちこっちをくまなく見て回るのが楽しそうです…w

……魔大陸ってなんだろう…?(FFのナンバリングタイトルに疎い。)
 

もちろん、新しいフィールドには新しいFATEがあり、新しいモンスターがおリ、新しい採集ポイント・釣り場、新しいトレジャーハントがあります。

新しいマウント(飛ばないものもw)も追加になるそうですよ。
 

Photo_7 
もちろん、目玉としては飛ぶほうですけれども!happy01

なかなか目がくりっとしていて、愛嬌のあるお顔。
 

Photo_8 
実際に飛んでいるところも紹介されました。

このフライングマウント、「飛行、着地は自由自在」、「高度も自由に操作可能」、「ゲーム内で、とあることを達成すると、イシュガルド都市内以外は新エリアどこでも飛べる」、「2.0エリアは飛行不可(いつか出来るようにするかもしれないが、それよりは新しいフィールドを増やしたほうがいいと思っている)」となっています。

ところで、上の写真で手前にあるのは大きな飛空艇のように見えますが…?

まずはこの大型艇でいくんでしょうかね?
 

Photo_9 
上昇の限度はありますがかなり高くまで飛び上がれるみたい。
 

Photo_10 
飛行中から着陸すると、そのまま地上用マウントとして走ってくれたり、崖から飛び降りると自動で飛び立ってくれたりと、楽ちんですhappy01

このフィールド、どうもバヌバヌ族っぽいのがいますね…。建造物もちらほら見えますし、彼らの集落なのかしら?
 

因みに、今現在は地上用マウントであるマイチョコボも、クエストをクリアすることでフライングマウントになってくれるそうです。

(それ以外のアーリマンやボムバルーンといった“浮いている”系のマウントも、「3.0開始時点ではないが、予定している。上昇や下降のモーションを作らないといけないので、順次になるとおもうがいずれ」とのこと。)

あの退化(?)した羽でどうやって飛ぶのか非常に不思議なんですが……どういう設定になってくるんでしょうw

そうなってくると、フライングマウントになったチョコボ用に見合った装甲も欲しいですねhappy01
 

Photo_11 
早く飛んでみたい…。
 

Photo_12 
お次はバトル関係。

画像はハルオじゃない…何かw
 

Photo_13 
新ジョブはLv30から始まります。

「イシュガルドに入ると、ジョブクエストを受ける場所がある」そうなので、すぐにでも!という方はそちらへhappy01
 

Photo_14 
レベルキャップが上がり、アクションも増えます。

注意点は、「新しく追加になるアクションは全て、ジョブクエストのなかで習得する形になっている」ことです。

ジョブクエストを受けなくてもLv60には出来ますが、アクションは増えないので、受諾レベルになったらお忘れなく。

リミットブレイクLv3も各ジョブ個別になります。4月末のニコニコ超会議で公開されるベンチマークで、竜騎士のものは見られる予定です。

学者はどんなのになるかしら……現状のヒーラーLv3は…白かな?
 

Photo_15 
以前こちらでも紹介した新しいジョブ専用装備のほかにも、新しいID装備などがたくさんありそうです。

ポロリされた画像は、公式ブログで大きく見ることが出来ますよ。

装備だけでなく、アウラのキャラクターも拝めるイイ!画像ですsmile
 

新しいアラガントームストーンも発表に。

この無制限と週制限でどんな違いがあるんでしょうね。貰えるものは違ったりするんでしょうが…?
 

Photo_16 
クラフター関係。
 

Photo_17 
クラフターのレベルキャップも上がり、新しいアクションも覚えます。

ただ、クラフター・ギャザラーのアクションに関しては、クラスクエで覚えるもの、レベルアップで覚えるもの、クラフターは新システム“マイスター”で覚えるものがありますが、どっちがどんな覚え方をするんだったか、ごっちゃになってしまって不確かなので、後日正確な情報を出すそうです。

(「ギャザラーは単純にレベルアップだけで覚えていく…はず…。。」だそうで……まぁ、覚えることいっぱいありますもんね…w)
 

Photo_18 
そして、新しいシステム、“マイスターシステム”

「今まで、14のクラフターは、どれか一つ上げればといいながら、ビエルゴがなければ話にならず、上位のものを作ろうとすると、結局全て上げなければいけないと、あまりにも先鋭化しすぎてしまったと認識している」

「いろんな人に、いろんなものを選んでやってもらうために、全部やらなくてもいい、どれか一つに特化してもいい、というようにバランスをとるために導入するもの」

あたしはクラフターが好きですが、別にそれでお金をがっぽり稼ごうとか、新しく追加になったものを真っ先に作って、経済の主導権を握ろうとか、まったく思っておらず…

必要に応じて、“ものを作る”ことを楽しみにしているクラフター(そんな人たちもきっと大勢いるんじゃないでしょうか?)たちが楽しむように楽しめる、そんなシステムの始まりであったら嬉しいですconfident

しかし、吉Pも言っているように、たとえば現状“ビエルゴの祝福(木工師)”がないと。上位のものはHQに出来ません。

それがなくとも…ということを考えると、どんな感じになるでしょうね?

各クラスごとにHQにするのに必要なアクションで足りないものがありますから、それを補う何かが追加になるとか……う~ん?
 

Photo_19 
まぁ、いったんそれは置いておいて…

クラフター関係に続いて、ギャザラー関係。

吉P曰く「自分で、僕サングラスかけたらあんな感じになるんじゃないか…っていう気がする…」という漁師さん。

園芸師の腕についた花や帽子の飾りが素敵note

現状のフォリジャーもいいですが、ちょっとかっちりしてる感があるので(採掘と共用なので仕方ないですが。)、園芸はこういうののほうが好きですねw
 

Photo_20 
こちらもレベルキャップの解放とアクションの追加、そして、あるべきものがあるべきように。
 

Photo_22 

そして、ギャザラーにも新しいシステム、“護符”“伝承禄”が入ります。

この二つに関しては、ちょっとよくわからないというのが実感。

ここに書かれている以上の説明がなかったので、これによって、ギャザラーにとって何が変わるのかがよく分かりません。

今の未知の採集場所のように、時間に縛られずに(“護符を使えば、発見できる”と考えれば…。)、必要なものを採りにいける、という見方はできるかも?

伝承禄は「クラフターの秘伝書のようなもの」と言っていましたが……。

ここに関しては、もうちょっと細かい説明が欲しかったです。

…クラフターで時間をとりすぎたのかしらcoldsweats01
 

Photo_23 
みんな大好き(白目)ロウェナさんにまたお世話になりますcoldsweats01

吉P、お金に汚いってそんなはっきりと…w

GCの納品などとはどう違ってくるんでしょうね。
 

Photo_24

その蒐集品システムで貰えるスクリップがこちら。

今まで禁断するしかステータスアップの道がありませんでしたが、それに対して、“こつこつこのスクリップを貯めていくと、装備を交換してもらえる”というのがこちら。

最速で走りたい人は禁断を、禁断では心が折れる(あたしです。。)方やゆっくりやっている方はこちらもどうぞ、というところですね。

 

さて…

雑記前半はここまで。

まだレターLIVEの半分(放送時間的には)も来ていませんが、書く内容的にはたぶん折り返しくらいです…たぶんcoldsweats01

続きは近日中に。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

|

« 【FFXIV】 本題は遅れてくる。 | トップページ | 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579081/61429597

この記事へのトラックバック一覧です: 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 前編:

« 【FFXIV】 本題は遅れてくる。 | トップページ | 【FFXIV】 第20回PレターLIVE雑記 後編 »