« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

【FFXIV】【ブログ】 今年一年ありがとう御座いました。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20151231_1
今年も残すところ、あと3時間ほど。

時の流れははやいものです。。 
 

今年も一年、ブログ、ゲーム内共々ありがとう御座いましたconfident

今年の最初の記事で、「バタバタすることが分かっている年」としたその通りにバタバタしていた一年ではありましたけれど…coldsweats01

しかし、FFXIV初の拡張パック「蒼天のイシュガルド」がついに発売になったり、あたしのような者にもついにエタバンの機会が訪れたり…

嫌なことももちろんありましたが、このブログを見返せば、楽しかったことや嬉しかったことを思い出せて(嫌なことはまず記事にしないので…)、「今年もいいことがあったね」という気持ちになれますhappy01

皆さん、ありがとう御座いました。

来年もよろしくお願いいたします。

鴻田さや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【FFXIV】 星芒祭観光 ≪リムサ編≫

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

星芒祭観光、今回はリムサ・ロミンサです。

それでは、【続きを読む】からどうぞ。

 

続きを読む "【FFXIV】 星芒祭観光 ≪リムサ編≫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

【FFXIV】 星芒祭観光 ≪グリダニア編≫

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

それでは星芒祭観光≪グリダニア編≫いきますよsign01

例によって長いので、【続きを読む】からどうぞ。

 

続きを読む "【FFXIV】 星芒祭観光 ≪グリダニア編≫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

【FFXIV】 星芒祭観光 ≪イベント編≫

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20151223_1
リアルでもクリスマスは間近ですが、エオルゼアでは一足先に星芒祭

例によって観光をするわけですが、まずはクエストを楽しみましょうhappy01
 

Ffxiv_20151223_2
…の前に、今年の星芒祭衣装はこちら。

白く染めた去年の衣装と、巷でも人気のポンポンつきベレーのセット。

巷で人気、そして、如何に冬に向いているとしても、エレゼンのあたしには似合わないので放っておいたんですが、アウラならまだよろしかろうと…。
 

Ffxiv_20151223_3
さて、クエストです。

今回の主役の一人は、この遠くイシュガルドから運ばれてきた鐘。
 

Ffxiv_20151223_4
そして、もう一人(一人?)の主役が様々なキャラクターたち。

パッと見たとき、「どこかで見たけど、誰だろう…?」と思ったりもしましたが、特徴的なチークで気付きましたcoldsweats01
 

Ffxiv_20151223_5
まぁ、そうなると当然この方も出てきますよねw
 

Ffxiv_20151223_6
マンダ……っ!

ところで、あたしも超級作業が欲しいです。。
 

Ffxiv_20151223_7_2
 

Ffxiv_20151223_8
 

Ffxiv_20151223_9
 

クラフターギルドのマスターたちの、クラフター衣装ではない姿というのも物珍しいですねw

胴体だけサンタ衣装なので、可笑しいと言えば可笑しいですがw
 

Ffxiv_20151223_10
綺麗に飾り付けられた鐘。

皆さん、お気づきかと思いますが、最初の時点ではついていなかった頂点のベルがきちんとはまっています。
 

Ffxiv_20151223_11
懐かしい面々が出てきたりした今回の星芒祭。

3.15で追加されたサイドストーリー、「聖アンダリム神学院」クエストでも懐かしいキャラが出てきますが、こうなるとかの事件屋との再会も期待してしまいますねhappy01

さてはて…。

 

Ffxiv_20151223_12
去年は庭にツリーを置きましたが、今年は室内に。
 

Ffxiv_20151223_13
このクリスマス飾りも綺麗でいいですねhappy01

細かく配置されたモンスターが素敵。

ちなみに、ハウスの照明を落とすとなお素敵ですnote

 

さて、次回、星芒祭都市観光のお話まで。トットコト。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

【FFXIV】 その名はアニマ。

こんばんわ、さやです(≧∀≦)ノ

パッチ3.15がきて、皆さんお忙しいでしょうか?

あたしも…まぁ、これから地獄が始まるんだろうなと、ガクガクしつつ、ワクワクしています。(複雑な心境ですねcoldsweats01
 

Ffxiv_20151218_1
…朝起きたら、アウラになっていました。

FCメンバーのすぴかさんには、しきりに魔女だ魔女だと言われるんですが…まぁ、聖か魔かといわれれば、十中八九、魔だと言われる気はします…。
 

Ffxiv_20151218_2
絶妙なタイミングで石になった魔女の姿をご覧下さい。。

 

オホン。

 

パッチ3.15です。。
 

Ffxiv_20151218_3
目玉の一つといえば、アニマウェポン

さっそく始めましたhappy01

そして…
 

Ffxiv_20151218_4
さっそく生贄を捧げるお時間がやってまいりました。

以前より話されていた“ZW所持者のアドバンテージ”

ZWをAW作成時に必要な素材アイテムに変換するというわけですが(未所持の場合はFATE三昧だそうです…coldsweats01)…

長いことかけて作ってきた相棒だけに、名残惜しい…。。
 

Ffxiv_20151218_5
…が、しかし!

惜しんでばかりいては話が進みません!

長い時を一緒に戦ってきた“本の意思”が、新しいアニマウェポンにも受け継がれるはず!

 

えいやっ!

 

Ffxiv_20151218_6
ストイケイア・アニマ!!

デザインが禁書武器と変わらなくて(・3・)という顔をしたのは一瞬です一瞬!
 

ということで、これから新しい相棒とのなが~い旅路が始まります。

この本に宿っているという“人造精霊”に、マダレムジエン、ラストリゾートの“本の意思”が受け継がれていますように……。
 

Ffxiv_20151218_7
ここから、まずはダンジョン巡りが始まります。

さすがに初日というべきか、PT募集もそれ関連がいっぱいw

南ザナラーンの遺跡前もかつてない賑わいです…coldsweats01

サービス開始間もない頃にはこのくらい賑わっていた時期があったでしょうかどうでしょうか…?w

巡るダンジョンは全部で10ヶ所、PT募集にまぜてもらいながら、制限解除で突っ走ります!
 

Ffxiv_20151218_8
突入制限がかかりましたけどね。。
 

(ちなみに、「10ヶ所」には蒼天のイシュガルドで追加されたダンジョンも含まれているので、そこは普通にクリアすることになります。)

ダンジョン巡りが終わったら、今度は何が待っているのか……

まぁ、地獄だということは分かっていますけども、ねcoldsweats01

 

Ffxiv_20151218_9
ダンジョン巡りに疲れて帰宅したら、魔女だ魔女だのすぴかさんがマッチョになってました。

普段ポジションが逆なので、これはこれで新鮮な…。

 

それでは、次回のお話まで。

 

どうして、エレに戻らなかったの…?

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

【FFXIV】 マウントシシシ。

こんにちわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20151210_1

バヌバヌ族の蛮族クエストがおわり、早くも次のグナース族のクエストが気になる今日この頃。

果たして、マウントは如何に…。。
 

蛮族から購入できるマウントは、

”その蛮族の集落があるエリアに生息しているモンスター、またはその集落で飼育されているモンスター”

である場合が多いです。

アマルジャのドレイク然り、バヌバヌのサヌワ然り。
 

ということで、グナース族の拠点である高地ドラヴァニアに生息するモンスターでそれらしいものを見てみましょうthink

と、その前に。
 

Ffxiv_20151210_2
グナース族の拠点に置かれている唯一乗り物っぽいもの。

御者台のようなものもついているので、いわゆる荷馬車的なものなのかと思いますが…

以前こんな設定画もありましたね。
 

Ffxiv_20151210_3
車輪の有無の違いはありますが…カニが引くのかしら…?

これがそのままマウントになるのではないでしょうが(蛮族デイリーか何かでは登場するかも知れません。)、カニマウントを欲している方はいるかもしれませんw
 

話を戻して。
 

Ffxiv_20151210_4
バンダースナッチ。

四足歩行の獣型で、乗りやすそうなモンスターではあります。
 

Ffxiv_20151210_5
ロフタン。

こちらも乗りやすそうではあります。走るのは遅そうな気がしますが。

個人的にはアルドゴートやアンテロープのような鹿・山羊・羊系のマウントも欲しいところではありますhappy01
 

Ffxiv_20151210_6
ノロイ…ではなく、ミアキス。

蛮族マウントは結構凶悪な顔をしているモンスターが多いので、そういう意味では適任かも知れません…coldsweats01
 

しかし、今まであげてきたモンスターには致命的(?)な欠点が。。

 

飛べそうにありません。。coldsweats02

 

フライング機能がついてないマウントが来るとは思えませんから…?

なかなかなんとも。。
 

「高地ドラヴァニアに空飛べそうなモンスターなんていっぱいいるじゃん?」

と思う方もいらっしゃるでしょうそうでしょう。
 

しかし、それらは大半がドラゴン族なんですよね。。
 

ドラゴン避けのお香なんかを焚いているグナース族が、ドラゴン族を手なずけているとも思えないので、その線をすてると、フライングできそうなモンスターがほとんどいなくなってしまうという…think
 

それらの可能性を考えていき、残ったモンスターというと…
 

Ffxiv_20151210_7
ヒッポグリフ。

小型ですが乗れそうな体つきと翼があります。

ヒッポグリフとは、鷲の上半身と馬の下半身をもっているという想像上の生き物(グリフィンと雌馬の間に生まれたと言われています。)ですので、その通りなら、コイツはドラゴン族ではないはず。

XIVのヒッポグリフに鷲と馬の要素がほとんど見られないので、ドラゴン族の系統という線を捨てきれないのも事実なんですけど…。
 

さて、実際のところ、どうなるのでしょうねsmile
 

Ffxiv_20151210_8_2
まさか、この桶が…?
 

ところで。

シルフ族のマウントはグゥーブーですが、シルフ領にグゥーブーはいません。。

そういう可能性へも手を広げると…低地ドラヴァニアなどにいる蜂もありえそうですけれど、ね…?
 

それでは、次回のお話まで。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 5日 (土)

【FFXIV】 クルクル…クルクル・・・。

こんにちわ、さやです(≧∀≦)ノ
 

Ffxiv_20151205_1
バヌバヌ族の蛮族クエストもひと段落。

例によって、蛮族クエストのお話ももちろんですが、デイリーのほうのクエストもよく読んでみると色々なことが書き込まれていて、設定ネタ好きとしてはメインクエスト同様に外せないコンテンツで御座いますconfident

今回は蛮族専用カララントの追加がないのがすこ~し残念ではありましたけど、ねw
 

Ffxiv_20151205_2
経験値も美味しいので、ひと段落してもまだまだお世話になりそうです。

サヌワもまだ買ってませんしねsmile
 

ところで、ふと思いましたが――

バヌバヌのマウントはサヌワで、これはもう蛮族クエストをやる前から分かりきっていたといってもいいことなのですが(すでに、バヌバヌはサヌワを飼育、調教しているという話が出ていましたからね。)…

グナース族のマウントって一体…?

何か参考になりそうなものはあったかしら…。

 

まぁ、ひとまず話変わって。
 

Ffxiv_20151205_3
遅まきながら、サベネアンビスチェを製作。

同時にサベネアンサルエルも。

ビスチェとセットのタイツが嫌または似合わない、という方はこちらの組み合わせがオススメです。

言葉にするのが難しいですが、ビスチェの妙に硬そうな裾の広がりと、そこからのびた生脚、というのが私的にはしっくり来ません。。

今は素材も多少お安くなりましたから、以前よりは気軽に作れますからねcoldsweats01
 

…で、やりたかったのはこちら。
 

Ffxiv_20151205_4
サベネアンダンス

この踊りは絶対にエレゼン向き!(断言)

ダンスには総じて言えることですが、体が大きいほうが踊りは映えます。

逆にゴールデンダンスはルガやハイラン向きかなと。
 

Ffxiv_20151205_5
新しい衣装に新しいダンス…嬉しいので、庭でずっとクルクルしてました。
 

ちなみに、このサベネアンビスチェとセットの腕装備、サベネアンアームレットはミラプリでも重宝します。

腕のデザインをガラッと変えてくれるので、幅が広がりますよhappy01

 

Ffxiv_20151205_6_2
白魔のアサイズ発動後のポーズがお気に入りです。

しかし、一瞬なので、SSにおさめるのが案外難しい。。
 

Ffxiv_20151205_7
レベルあげも兼ねて、白魔で蛮族デイリー&モブハント。

とはいえ、モブハントはどちらかというと欲しいのは記章のほうで…

欲しい物がありましてですねthink
 

記章500個(個?)で貰える手記6冊と交換するアレ。
 

Ffxiv_20151205_8
ワイバーン!

エキルレは無視しても、こちらは欠かさない!という意気込みで無事交換してきましたhappy01

なかなか恐ろしげな顔をしていますが、説明によれば、その昔、騎士様といっしょに悪い魔物を倒してまわっていたという忠義の翼竜なんだとか。

「ドラゴン」を主題にすえたお話なのに、ドラゴン系のマウントが一つしかない!いや、しかしタニアは無理!とお嘆きの方は是非…。
 

Ffxiv_20151205_9
新しい乗り手は魔物退治あんまりしないけど、大丈夫かしら……coldsweats02
 

それでは次回のお話まで……バッサバッサ。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »