« 【おやすみ前のエオルゼア】 厳密には違う場所でも思い出すものは同じ。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 そして、探求の旅は始まった。 »

2018年9月14日 (金)

【おやすみ前のエオルゼア】 知らない人でも「どうぞ」と乗せるのもまた独特な経験。

 

Ffxiv_20180910_1

個人的にはハコボックルに続く、ユキンコマウント、期待しています。
 
 
ツイッターではちょろっと書きましたが、先日ようやくパゴス(エレメンタル)武器が一つ完成しました。
あたしはZWの頃から学者本を作ってきていたので、今回も学者本を製作。
まぁ、手持ちの武器を見る限り、学者本の優先度が別段高かったわけではないです(Lv70になっているけど、ILの低いジョブは他にもあるのでw)が、そういうわけですhappy01
 
複数作ることができれば、また違ったものも…と思いましたが、諸々を考えると一つ作るのが精いっぱいだったというものありますかね。。
 
まず、いわゆる“輝き集め”がなかなかにしんどくて。
体感的に効率のいい集め方、というのは何となく把握しましたが、エウレカに籠ると、他のことは何もできないわけですから、「他の事<二本目製作」とはならなかったんですよcoldsweats01
次のパッチに向けての準備もしたかったですし。
 
タイミング的なこともあまり好く働かなかった、というのもあります。
仕事柄多忙なお盆前後の時期に、周回系の極レウスと同時実装で、かつ次のIL引き上げまで一か月ほどしかなかったということで、何よりも初動が遅くなった、というのがなかなかに、ですね。。
 
個人的なことを言えば、「IL最高水準の武器を、レイド勢に比べたら遅くなるけれど所持出来て、かつしばらくはその水準に居られる」というのが「ウェポン」系武器の立ち位置であってほしかったんですが、今回のパゴス編では「最高水準のものを手にした時には、もうIL引き上げが目の前に来ている」というタイミングになってしまっていて、ちょっと残念。
 
もちろん、どうあってもあたしは「ウェポン」系クエストが好きですから作りますし、エウレカというコンテンツ自体も好きです。
だからこそ、実装時期はずらして(できれば、アメノミハシラと逆にしてほしかった!)ほしかったな、というのが正直な感想ですcoldsweats01
 
好きだからこそ、ちょっと水を差されたかな?という気持ち。
 
 
開発さんもプレイヤーも試行錯誤しながらやっているというか、他にはない感覚のコンテンツですし、それ自体も楽しみのうちだと思いますから、次の4.4シリーズで来る新たな舞台もどうなっていくのか、またそちらも楽しみですhappy01
 
それでは、おやすみなさい。
 
 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

 

|

« 【おやすみ前のエオルゼア】 厳密には違う場所でも思い出すものは同じ。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 そして、探求の旅は始まった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579081/67164466

この記事へのトラックバック一覧です: 【おやすみ前のエオルゼア】 知らない人でも「どうぞ」と乗せるのもまた独特な経験。:

« 【おやすみ前のエオルゼア】 厳密には違う場所でも思い出すものは同じ。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 そして、探求の旅は始まった。 »