« 【FFXIV】 ファンフェスティバル2019! | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 異界からの使者と黒いアレ。 »

2019年3月31日 (日)

【おやすみ前のエオルゼア】 5年間日に焼けた記憶。

5年ぶりに思いついたことを出来るのも今のタイミングだけ、ということで。
……そんなお話。

 

 

Ffxiv_20190331_1

 

まったくの思い付きで格闘士をまた上げ始めました。

あたしのサーチ欄を覗いたことやロドストのキャラページを見たことがある方はご存知だと思いますが、あたしのクラス・ジョブ欄には非常に中途半端なところで止まっているクラスが3つありました。

1つは斧術士。
1つは格闘士。
そして、もう一つは黒魔導士です。

前述のとおり、とても中途半端な、ジョブになっているタイミングでもなければ、区切りのいいレベルでもない所で止まっているのはなんでかというとですね……

あたしは新生開始時からプレイをしているわけですが、これらのクラス・ジョブは新生してまださほど経っていない頃に触ったものの、諸々の理由でアディショナルアクション用の技だけ取って、止めてしまったものたちというわけがあるからなのです。。

 

なぜ止めたかというと……

斧術は戦士のAFが似合わなかった(2.xでの話ですから、いわゆる新生AFです)というのがあり、格闘と黒魔は単純に触っていて楽しくなかったからです💦

……とまぁ、そんな理由もあり、他にもやりたいジョブはあり、追加もあり……ということで、延々と放っておかれたんですが……

突然な思い付きで、5年ぶりに格闘士を触ることにしましたw

もともと格闘士、モンクのAFは着てみたい!というのがあったんですが、加えて最近は侍や赤魔の登場でDPSでプレイする機会も、一時に比べると格段に増えたもので、そういった流れからか(はたまた本当にただの気まぐれかw)、丁度拡張前のゲーム的に“空く”タイミングでやってみるのもいいかなと。

あたしが触っていたのなんて、本当に端っこも端っこ、齧っただけですし(ただ、それでも性に合わない、という感想は一回決まればそうそう覆ることはないですが。)、新生の頃とはだいぶ別物になっているでしょうから、システム的な変化と、あたしの心情の変化が相まって、今度はどう感じるのか、それもちょっと楽しみに、ぽこぽこ殴ってみたいと思いますw


……当然クラスクエストもやっていくんですが、さすがに5年前のお話の続きで、「この人誰だっけ…?」となりつつ、紀行録をひっくり返したり、設定集を見返したりして、日に焼けた書物のような記憶を掘り起こしたいと思います…w


それでは、次のお話まで……おやすみなさい。

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

|

« 【FFXIV】 ファンフェスティバル2019! | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 異界からの使者と黒いアレ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【FFXIV】 ファンフェスティバル2019! | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】 異界からの使者と黒いアレ。 »