« 【おやすみ前のエオルゼア】 シンプルな統一感か華やかな彩りか。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】溢れる光に帳を掛けるまで。 »

2019年6月22日 (土)

【おやすみ前のエオルゼア】 突き詰めると最終的に首が絞まるが、ある程度は縛らずにいられない。

拡張パッケージ「漆黒のヴィランズ」アーリーアクセスまで一週間を切りましたね('ω'*)
皆さん、幻想の準備や倉庫整理、トークン貯め等々、準備が忙しいでしょうか?

そんな中・・・・・・そんなお話。

 

 

先日、ようやく自分の分身として納得できるヴィエラのキャラクリが出来上がりました。
随分かかってるなと思われるでしょうが、随分かかっています(^-^;)

一気に創り上げるのではなく、創っては変更点を考える間を置き、創っては間を置き、の繰り返しなので・・・・・・そうしないと何もなく平静な状態で見たときの違和感を表出させられないのですよねw

創っているときのメンタルや好み、何かの影響が出ますので・・・。

さすがに5年もずっと(合間合間で他種族の着ぐるみを被っていたとしても。)エレゼンでやってきましたから、FFでのあたししか知らない方からすると、どうあがいても違和感はあるでしょうし、それはあたし自身にも当然あるわけですが、それにしたって、ヴィエラはあたし好みですw

 

・・・と、まぁちまちまとやっていたわけですが、これを実際に永続的な種族変更とするかはまだ何とも。
動かしてみてから、判断するつもりです。

顔は納得できるものになりましたが、実際に「自分自身になれる」かというのは、それだけでは要素が足りないですからね。

 

ところで。

もしもヴィエラに永続的に変更するのだとしたら、一つ大きな問題点が。
(そういうことを気にしない方には、ものすっごぉくどーでもいいことを書きますよ!)

 

キャラ設定をどう辻褄を合わせるか、です。

 

ゲームのシステムや、リアルプレイヤーのあたしが伝える分にはいいのですよ。
「幻想薬飲みました。」、で。

ただ、ゲーム内のキャラクター、つまりエオルゼアの住人としての Saya Caprice にも愛着のある身としては、「昨日までエレゼンだったのに、突然種族がヴィエラに変わり、今後もずっとそうです。」とはいきません。そこには何らかの理由がないと・・・。

 

今までの幻想でララやアウラになっていたのは、じゃあどう設定してるんだ、という話は単純で、あたしとよく遊ぶ方はあたしがそんなことを言っていたのを目にしているかもしれませんが、「着ぐるみ」です。

中にエレゼンのあたしが、ミニマムで小さくなってるのか、肉体から魂だけを分離して、人形に入り込んでるのかは決めていません(自由度や後々の辻褄合わせのために、ここは深く決めてませんw)が、そういう“設定”になっています。

ただ、これはあくまで「一時的に」そうしているだけだから出来る設定で、永続的に変わる場合は別の設定を考えないといけません。
あたしの「本体」が変わる話なので。

 

実は、以前やっていたPSO2でも、同じ事態になったことはあります。
その時は、PSO2が始まる前(PSUの頃からw)からずっと引き継いでいた設定と、新しい種族の設定が合致したので、「元からこっちの種族だったのよ」で何も問題がなかったんですが・・・・・・(^-^;)

 

一応今回も「こんな設定でいけば・・・」というのは考えてあるんですが、果たしてどうなることやらw
妙なところで凝り性なのは、ず~っと昔から変わりませんねw

何にせよ、それも後数日で決まります!

  

それでは、次回のお話まで。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

|

« 【おやすみ前のエオルゼア】 シンプルな統一感か華やかな彩りか。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】溢れる光に帳を掛けるまで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【おやすみ前のエオルゼア】 シンプルな統一感か華やかな彩りか。 | トップページ | 【おやすみ前のエオルゼア】溢れる光に帳を掛けるまで。 »