« 【FFXIV】 いざ漆黒の帳のもとへ。 | トップページ | 【FFXIV】 ギコギコボォン、トンカンパリーン、チクチクキュピーン。 »

2019年7月20日 (土)

【FFXIV】 謎の花は落ち、謎の実が生る。(5.01までのネタバレあります!)

こんにちわ、さやです(≧∀≦)ノ

数日前になりますが、遅まきながらメインストーリーをクリア、そして、極を半分齧ったりしながら、先日の「希望の園エデン:覚醒編」まで・・・・・・漆黒のヴィランズでのお話に、ひとまず、えぇ本当にひとまずですが、一区切りつけられた、そんなところです。

(以下、5.01終わりまでのネタバレが含まれます。公式にネタバレ解禁のお達しが出ましたので、一切気にせずネタバレしますので、「まだそこまで行ってない!」という方はご注意を。)

 

 

Ffxiv_20190720_1

今回のメインストーリー、今までの様々な謎がどんどん詳らかにされていき、「こんなところまで明かしてしまったら、14終わっちゃうんじゃないの!?」みたいなところがある・・・・・・けど、大丈夫、といった旨の発言を吉Pがしていたのを、まったくもってその通りに思い出す内容で御座いました(^-^;

なによりまず、アシエンの正体が語られたことは非常に大きい・・・。
今までなんとな~く、「自分たちの大義のために、世界転覆を狙う秘密結社」くらいの感覚でいたわけですが、まさか古代人の生き残りだったとは。。

彼らが自分たちの生きていた“世界”を取り戻すために行動している、ということを知ると、ただ単純な「悪」ではなく、どちらかと言えば、元のあるべき第一世界の姿を取り戻すために罪喰いを倒し、障害を倒し進んだあたしたちと同じ側の、右折レーンにいるか直進レーンにいるかというだけの話であるということで、これと戦うということに単純な感情は抱けなくなってしまいましたね・・・。

・・・とはいえ、今存在する「出来損ないの命」を犠牲にされるわけにもいきませんので・・・?

 

ゾディアークやハイデリンという存在も今までの超常な存在という印象から、あくまでも一つの装置、といった立ち位置になり、さらにはそれらを創った古代人の派閥(?)がどのような意思(というか設定?)をハイデリンやゾディアークに入れ込んだのかも・・・・・・

・・・ハイデリンはゾディアークの「枷」として生み出されたようですが、あたしたちヒカセンにハイデリンが接触してきたのも、ゾディアーク側の行動を抑え込むための機械的な作業の一環・・・なのかもしれませんが・・・。

 

今後最後のオリジナルとなったアシエン・エリディブスの動きも気になりますし、なによりゾディアークとハイデリンという存在すらも超越しようというゼノスの動き、そして、皇帝が死んだ割に息子は興味なさそうな帝国の情勢も放ってはおけません。

 

ここから、メインストーリーがどちらの方向に転がっていくのか、まだしばらくは第1世界から帰ってこれない日は続きそうですね('ω'*)

 

 

Ffxiv_20190720_2

お話の内容的なこと書きましたが、今度はお話の作りについて少し。

今回のストーリー、今までの拡張の中では屈指の出来だったとあたしは思いますが、何よりそのお話の作りが素晴らしかったなと。

随所で主人公に答えを選ばせてくれる、という試みも面白くてよかったですし、なによりあたしたちが新生後から経験してきた様々な要素、メインクエスト、クリタワやアレキサンダー、オメガといったものをしっかりと絡ませて、「それがここで活きるんだ!」とまとめ上げた、糸をより集めて布を織るように、集合させた作りは素晴らしいものだったと思います。

ずっとリアルタイムにプレイしてきた方ほど、メインストーリーの水晶公やシルクス・ツイニングにはぐっと来たんじゃないでしょうか?w

少なくともあたしはそうですw

 

ロールクエやミーン工芸館など、今までのジョブ・クラスクエのシステムとは変わった部分も上手く出来ていたと思いますし、なによりお話がどれもよかった!

ある程度集約されているからこそ、それぞれが丁寧に作られていたように思います。

欲を言えば、ジョブのようにギャザクラにもミーン工芸館終了後に各クラスにエクストラがあったらよかったなとは思いましたが・・・まぁ、それにしてもw

あたしは学者をメインにしているので、メインクリア後のエクストラクエストもまずは学者のものをやったわけですが、こちらはこちらでずっと学者をやってきた身としては、ものすごく大きな要素が一つ解決されて感無量といったところです(´▽`*)

他ジョブをやり切った時も楽しみだなぁ・・・。

 

 

Ffxiv_20190720_3

・・・というお話の繋がりについて書いたところで、そのお話から繋がってきたエデン。

今回もストーリーを楽しみながら、初見で1~4層まで行くぞPTで遊んできました。

エデンという存在からして、今回のレイドはFF8要素が強めか?という印象でしたが、なかなかそうだけではない、ヒカセンの頭の中が雑念でいっぱい!という楽しみを頂きました(^-^;)

今後もどんな雑念が混じってくるのか大いに楽しみですが・・・・・・

それよりなにより、ファンフェスで大々的に発表した野村さんデザインのガイアさんが顔すら出てこなかったことに驚きを隠せませんでしたがね!
あのキャラなんだろうなというのはありましたが、まさかずっと寝ているとは思いませんでしたよ・・・w

こちらはこちらで、どの部分とのつながりがあるのかがとても興味深く・・・・・・

「ヴォイド」というワードや「闇の巫女」なんていう話から、異界ヴォイドとのつながりか、それともゾディアーク側とのつながりなのか、それとも全く別の・・・・・・と想像を巡らせていますが。。

 

 

分かったこともあり、そこからさらに謎になったこともあり・・・・・・まだまだ一度見ただけではわからないことだらけ。
そんなところを見直しつつ、お話の一区切りということで、今度はお話以外の、諸々に手を付けだしていますので・・・・・・

それはまた次回のお話まで。

 

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

|

« 【FFXIV】 いざ漆黒の帳のもとへ。 | トップページ | 【FFXIV】 ギコギコボォン、トンカンパリーン、チクチクキュピーン。 »

コメント

Google先生におすすめされてきました!
漆黒は本当に今までのストーリーの中でも最高なんじゃないかと僕も思いました。
終わった後の余韻も良かったですが、これからまだ続くのか!というワクワク感がたまんないっすね!
今後のパッチが楽しみですよね!
ぜひともエデンでヒラ相方させてくだせぇ!(*´ω`*)

投稿: haruya maclir | 2019年7月20日 (土) 22時41分

>ハルさん
Google先生・・・一体どこにおススメする要素が・・・。
・・・とまぁ、それはそれとして、本当にストーリーの余韻まで良かったですし、そのあとにさらに謎に引き込まれるような展開で、とても素晴らしかったですね!

これから周回が始まるエデンも是非ご一緒しましょうw

投稿: さや | 2019年7月21日 (日) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【FFXIV】 いざ漆黒の帳のもとへ。 | トップページ | 【FFXIV】 ギコギコボォン、トンカンパリーン、チクチクキュピーン。 »